安心で家族を守る地震対策は、制震の家GVA(ジーバ)・X-WALL(エクスウォール)

大阪の不動産なら絆住宅販売TOP > 制震の家GVA・X-WALL
大切な家族の為に…「制震」の家にしませんか?

制震システムGVA 地震の揺れを最大70%軽減

地震エネルギーを熱で吸収

ジーバのダイヤモンドフレームの、土台と梁との接合部分を制震ダンパーといいます。この制震ダンパーに建物の揺れが伝わると複層に組み込まれた制震材が伸縮し、その摩擦で揺れにブレーキがかかります。
阪神大震災が40坪の木造住宅に与えた地震エネルギーを全て熱に変換したとすると、たったの25kcalしかないのです。ジーバは地震時、約10℃の熱を放出しつつ地震エネルギーを吸収します。
つまり“揺れにブレーキ”をかけて、建物を守るのです。

制震ダンパー

GVA「ジーバ」の制震効果をご覧ください。

「頑丈にしたはずの建物でさえ大きくゆれてしまうような状況に、ジーバをプラスしたらどれぐらい揺れを抑えられるのか?さまざまな実験と検証を繰り返し、より優れた製品の開発に取り組んでいます。
動画では、震度7級(阪神淡路大震災級)の地震波にも連続6回耐え抜く様子をご覧いただけます。

GVAの3つの特徴

1.地震の揺れを最大70%軽減

耐震構造のみのモデルと、耐震構造にGVAをプラスしたモデルを試験体として、どれぐらい揺れを抑えられるのかの実験を実施したところ、GVAによって揺れを最大70%吸収することが実証されました。
耐震構造のみのモデルは筋交いが完全に座屈破壊してしまい、倒壊レベルにまで達してしまいましたが、GVAをプラスしたモデルは揺れを吸収することにより、倒壊せずに構造体も無事だったのです。

地震の揺れを最大70%軽減

2.繰り返す余震にも効果あり

建物の構造は揺れることで損傷して、強度が低下してしまいます。
断続する地震では、この強度の低下が繰り返し起こり、倒壊の大きな要因となります。また、大規模な地震は本震と同じ規模の余震をともなうことが多々あります。
GVAは、繰り返しの揺れに弱い耐震材の弱点を補強し、長時間の地震や大きな余震に備え、何度も地震が来ても効果を発揮し、倒壊を防ぐことができます。

余震に効果あり

3.どんな間取りにも設置可能

GVAは間取り、工法を選ばず、あらゆる住宅に設置できます。木造住宅では一般的な在来工法はもちろん、ツーバイフォー工法や3階建てにもジーバは採用可能です。
通常通りに間取り・工法をご提案した後でGVAの設置箇所を決めるので、1件1件に応じた設置方法をプランニングできます。

どんな間取りにも設置可能

GVAが選ばれる理由

  • 業界トップクラスの実績40,000棟

    GVA「ジーバ」は、制震という地震対策が世の中に浸透する前から開発・研究を行ってきた製品であり、その実績は40,000棟以上。より品質と信頼性の高い制震システムづくりに挑み続けています。

  • 安心サポートの地震性能保証20年

    GVAをご採用いただき、規定どおり施工された建物については、一般社団法人ハウスワランティによる最大600万円の地震性能保証が受けられます。
    ※有償での保証となります。

  • 導入前の振動比較シミュレーション

    住まいの規模や間取りに応じて、最適な配置を行うため、高層ビルの揺れ検証に使う時刻歴応答解析を実施しています。耐力壁のみで構成される建物とのGVAをプラスした建物に、「阪神淡路大震災」の地震波を入力し、建物のダメージの違いを分かりやすく表示します。

耐震+制震システムX-WALL 国土交通大臣認定耐久壁

繰り返しの余震にも性能が持続安心で家族を守る

制震システム

国土交通大臣認定耐久壁とは?

筋交い・合板以外の耐力壁は、大臣認定を取得することで建築に使用することができます。 ただし大臣認定を取得するには公的機関による厳しい審査をクリアする必要があり、さらにその基準は年々厳しくなってきています。
つまり大臣認定耐力壁とは、耐震性や施工性など様々な要素において優れている建材といえます。

木造軸組工法の耐力壁の種類は主に3種類

X-WALL「エクスウォール」の制震効果をご覧ください。

熊本地震におけるX-WALL採用76棟中構造体の損傷はゼロ
熊本地震後、熊本県内においてX-WALL採用住宅の現地調査が行われました。その結果、全ての住宅において大きな損傷はなく、 壁のクロスに少しシワが入る程度の損害にとどまりました。

X-WALLが繰り返す大地震に対し効果的であることが 実証され、近年では年間1,000棟を超える家づくりの現場で 採用されています。

GVAの3つの特徴

安心その1.耐震の強さ

X-WALLはガッチリとした強さと固さをあわせ持ち、変形を抑える構造です。 国土交通大臣認定・壁倍率2.8倍という高い耐震性があり、耐震改修工事(リフォーム)にも最適です。

安心その2.復元力(粘り)の強さ

復元力とは変形しても損傷せず、元に戻ろうとする効果の事です。 「復元力間柱」という通常より3倍太い間柱を使用することで、 バネのようにしなり、変形に対する粘り強さを発揮します。

安心その3.制震の強さ

制震とは揺れを抑える効果の事です。地震による振動エネルギーを 吸収し、揺れにブレーキをかけ変形を抑えます。

耐震の強さ、復元力の強さ、制震の強さ

大きな地震後の差が歴然!一般的な耐力壁との比較

阪神大震災級の揺れでのX-WALLの制震性能
阪神大震災級の揺れでのX-WALLの復元力性能

合板やタスキ筋交いといった一般的な耐力壁とX-WALLの大きな違いは「地震後」の状態にあります。
ただ固い(壁倍率が高い)だけではなく、振動を受けた際に変形や破損することがなく、元の形に復元できることが重要です。

X-WALLは繰り返す揺れにも性能を持続し、長期にわたって耐震性能を保つことができます。
せっかく建てた大切な家と、そこに暮らす家族を守るためにも、これからの家づくりには欠かせない存在といえます。

構造用合板の場合

合板のクギが損傷し、元々持っていた耐力を失います。変形が残ってしまうことがあり、家の強さを損ないます。

構造用合板の場合

タスキ筋交いの場合

筋交いが折れたり、固定部のビスが抜けたりします。変形が残ってしまうことがあり、家の強さを損ないます。

タスキ筋交いの場合

X-WALL(エクスウォール)の場合

想定外の地震を考えた場合「固さ」だけでは受ける衝撃が大きくなり、壊れる可能性が高くなります。
X-WALLなら、復元力間柱がしなりによる「粘り強さ」を発揮。衝撃をしなやかに受け止め、元通りの形に復元する力が働きます。
地震後に変形が残ってしまうことを防ぎ、繰り返す余震にも耐えられる強さをキープします。

X-WALLなら、復元力間柱がしなりによる「粘り強さ」を発揮

ページの上へ